EMBASSY NEWS

2018年8月9日

イブラーヒム・ウェイス駐日モルディブ共和国大使は長崎市の平和公園で行われた73回目の平和祈念式典に参列しました。式典には国連のアントニオ・グテーレス事務総長や安倍晋三総理大臣のほか、71か国の代表が参列しました。

平和祈念像前広場で挙行された式典では献花や田上富久長崎市長による平和宣言、児童合唱が行われ、原爆投下時刻の午前11時2分、一分間の黙とうが捧げられました。

--------------------

Previous Next

2018年8月6日(月)


イブラーヒム・ウェイス駐日モルディブ共和国大使は広島市の平和記念公園で行われた73回目の平和祈念式典に参列しました。

式典には85か国の代表と原爆被害者家族を含む5万人の市民が参列し、原爆投下時刻の午前8時15分、平和の鐘と市内に鳴り響くサイレンの音に合わせて一分間の黙とうが捧げられました。

--------------------

下記は2018年7月9日に投稿された文章の非公式翻訳文です。

(引用)

この度は、西日本および中部地方で発生した豪雨、洪水、土砂崩れにより命を落とされた被災者の方々、そして多大な被害を受けた土地および施設について知り、非常に心を痛めております。
日本政府および友好な日本国民の皆様へ謹んで哀悼の意を捧げると同時に、心からお見舞い申し上げます。

困難な状況にある皆様に、モルディブ共和国は密接な二国間協力パートナー並びに友人として、日本政府および友好な日本国民の皆様に継続した支援を致します。

被災地の速やかな復旧・復興を祈念すると共に、日本国民の皆様がこの困難を勇気と不屈の精神をもって乗り越えられるようお祈り申し上げます。

また、ご遺族の皆様に対し、謹んでお悔みを申し上げます。

以上

 

Original post can be found here for your reference.

下記は2018年7月7日に投稿された文章の非公式翻訳文です。

(引用)

この度は、西日本を中心に発生した豪雨、洪水、土砂崩れにより命を落とされた被災者の方々、そして多大な被害を受けた土地および施設について知り、非常に心を痛めております。

モルディブ政府ならびに国民に代わり、そして私自身としても、日本政府および友好な日本国民の皆様へ謹んで哀悼の意を捧げると同時に、心からお見舞い申し上げます。

被災地の速やかな復旧・復興を祈念すると共に、日本国民の皆様がこの困難を勇気と不屈の精神をもって乗り越えられるようお祈り申し上げます。

以上

Original post can be found here for your reference.

2020年07月11日(土)