EMBASSY NEWS

モルディブビジネスセンターは、「一村一品(OVOP)マーケット」のもと、日本市場で「本物のモルディブ」商品を販売しました。

経済開発省のもとで登録されたモルディブビジネスセンターコーポレーション(BCC)が発表した声明の中で、「本物のモルディブ」というブランドの製品が日本貿易振興機構(JETRO)と共同で導入されたと述べています。

商品は、ジェトロがタワーKITTEで開催した販売イベントで発表されました。

2022年12月24日に行われた販売イベントには、ハサン・ソビール駐日モルディブ大使、モハメド・アミート副大使、ジェトロの幹部が出席しました。

「一村一品」は、成田空港や関西空港で各国が自国産品を展示・販売する機会を提供するジェトロの取り組みです。いくつかの国がこの機会を利用してさまざまな商品を宣伝しています。

モルディブビジネスセンターコーポレーションは、Authentic Maldivesブランドのモルディブ商品を成田国際空港と関西国際空港の2店舗で販売する予定です。また、ジェトロが全国各地で開催する販売イベントでも商品が展示・公開されます。

駐日モルディブ大使館は、ジェトロが運営する「一村一品」プログラムの一環として、モルディブの特産品の紹介を円滑に進める役割を果たしました。

2022年12月20日、アブドゥラ・シャーヒド外務大臣はモルディブ訪問中の武井俊輔外務副大臣の表敬を受けました。外務省で行われた表敬訪問で、シャーヒド外務大臣はモルディブと日本の継続的な絆と、二国間関係の基盤となる緊密な人的交流について強調しました。
シャヒード大臣と武井副大臣は、モルディブと日本の緊密な歴史的関係を振り返り、二国間及び多国間関係に係る重要な分野について意見交換を行いました。また、両国の外交関係樹立55周年を記念して、二国間のパートナーシップをさらに強化していくことを再確認しました。

Source: Ministry of Foreign Affairs of Maldives

モルディブ政府観光局(MMPRC/Visit Maldives)はソーリフ大統領の2022年の観光客来訪数目標の達成を祝い、160万人目の観光客を迎えるセレモニーを行いました。この目標はソーリフ大統領の今年の大統領演説で発表され、世界中の政府機関、旅行業界関係者、そのパートナーの努力により達成されました。160万人目の訪問者であるTejas Sanjay Kothariは、インドから新婚旅行で訪れており、今回が初めてのモルディブ訪問でした。伝統的なモルディブの太鼓であるボドゥベルと伝統文化の行進にてセレモニーまでエスコートされ、モルディブ伝統のダンスパフォーマンスが行われた後、Tejas Sanjayにはモルディブ政府観光局、観光省などから贈り物が授与されました。またトイブ・モハメッド政府観光局CEO及び取締役とアブドゥラ・マウスーム観光大臣から、観光客来訪数目標の達成と観光分野の成功について祝辞が述べられました。

Source: Visit Maldives - News > Maldives welcomes its 1.6 millionth tourist for the year, achieving H.E President Ibrahim Mohamed Solih’s tourist arrival target for 2022

2023年02月09日(木)